TEL.03-6457-8072

     

診療時間/10:00~13:00 16:00~19:00

受付時間/10:00~13:00 16:00~18:30

休診日:なし(2F猫専門診療は火・木曜日休診)

   

犬の膿皮症

犬の膿皮症とは

膿皮症とは、皮膚に細菌が感染することによって発症する皮膚病です。

膿皮症は、皮膚の表面に感染する浅在性膿皮症と皮膚の深くまで感染する深在性膿皮症とに分類されますが、犬の膿皮症で多いのは表在性膿皮症です。そして、その表在性膿皮症の原因は、皮膚の表面の毛穴への細菌感染がきっかけとなることが多いです。

表在性膿皮症の初期の病変は、膿疱と呼ばれる膿(白血球と細菌の死骸を含む液体)が貯留した水泡ができますが、その後膿疱が破裂することで、フケがみられ、最終的には円形の脱毛がみられます。

M・ダックスフントの腰部にみられた膿皮症

 

犬の膿皮症の原因

表在性膿皮症の原因となる細菌は、ほとんどがスタフィロコッカス・シュードインターメディウス(Staphylococcus pseudintermedius)と呼ばれる細菌で、この細菌は犬の皮膚表面に常在しています。

そのため、膿皮症は他の犬から細菌が感染して発症するのではなく、皮膚や皮膚のバリア機能の異常が起きることで発症すると考えられています。

そして、その感染を引き起こす要因として、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)などのホルモン異常や、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が背景にあることが多いです。また、皮膚バリア機能が未熟な子犬での発症も多くみられます。

 

犬の膿皮症の診断

皮膚の状態で膿皮症を疑うことは可能ですが、膿皮症の他にも皮膚に膿疱を作る病気があるので、注意深く診断しなければなりません。

膿皮症の診断の基本は、病変部の皮膚から原因となる細菌を顕微鏡で検出することですが、過去に抗菌薬を使用してもなかなか良くならない場合には感受性試験(細菌を培養し、どの抗菌薬が良く効くかを調べる試験)を実施し、さらに、膿皮症を引き起こしているホルモン異常やアレルギー疾患などの基礎疾患がないかも、必要に応じて検査を行います。

 

犬の膿皮症の治療

膿皮症の治療は、症状の程度に応じて使い分けています。症状が比較的軽い場合には、シャンプーや抗菌作用のある外用薬を用いて治療し、重症の場合やシャンプー・外用薬に反応がない場合には、抗菌薬を用いて全身的に治療を行います。

抗菌薬による治療に反応がない場合には、細菌培養検査と感受性試験を行い、適切な抗菌薬に変更を行います。

通常は、比較的治療に反応がみられることが多い病気ですが、再三繰り返すようであれば、基礎疾患(ホルモン異常やアレルギー疾患など)の精査が必要となります。

 

 

 

新宿御苑前どうぶつ病院に皮膚科を開設(プレオープン)しました

34日から診察を開始します。

 なかなか治らない皮膚の病気やトラブルなどありましたらお気軽にご相談ください。

 (毎週月曜日 完全予約制 ご予約はお電話にてお願いいたします。)

 

新宿御苑前どうぶつ病院 皮膚科

日本獣医皮膚科学会認定医

獣医師 春日 陽一郎

 

 

犬のアトピー性皮膚炎の解説はこちら