TEL.03-6457-8072

診察時間:(1F)10:00~13:00/16:00~20:00
(2F)10:00~13:00/16:00~19:00

休診日:なし(2F猫専門病院は火・木曜日休診)

   

犬と猫の皮脂腺腫瘍

高齢の犬や猫の皮膚にみられる腫瘍の代表に皮脂腺腫瘍があります。今回はその皮脂腺腫瘍についての解説と、実際に検査・治療を行なった症例についてご紹介したいと思います。

 

≪皮脂線腫瘍ってどんな病気?≫

皮脂線とは皮膚の内部にある腺で、主に皮脂を分泌します。そしてこの皮脂腺が異常に増殖したものが皮脂線腫瘍です。なお、皮脂腺が体の部位により特殊に変化したものが存在し、眼瞼(まぶた)であればマイボーム腺、肛門周囲であれば肛門周囲腺と呼ばれます。

皮脂腺腫瘍は、犬に最も多い皮膚腫瘍の一つであり、皮膚腫瘍全体の6.8~7.9%を占めているとされています。猫の皮脂腺腫瘍は犬に比べて少なく、皮膚腫瘍全体の2.3~4.4%を占めるとされています。皮脂線腫瘍には、発生割合の高い順に、皮脂線過形成、皮脂線上皮腫、皮脂腺腫、皮脂腺癌などがあります。

なお、マイボーム腺にできた腫瘍はマイボーム腺腫、同じく肛門周囲腺にできた腫瘍を肛門周囲腺腫と呼びます。

▲トイプードルの眼瞼に発生したマイボーム腺腫

 

▲同じ犬のまぶたをめくった写真。カリフラワー状の外観を呈するマイボーム腺腫がみられる。

 

≪皮脂腺過形成とは?≫

皮脂腺過形成は、犬の皮脂腺腫瘍の大部分を占めており、体に一個だけみられることが多いですが、時に多数みられることもあります。

高齢の動物にみられることが多く、好発犬種としてミニチュア・シュナウザー、ビーグル、プードル、コッカー・スパニエルが挙げられています。

皮脂腺過形成は体のどの部位にでも発生しますが、特に四肢、体幹、眼瞼(まぶた)にみられるとされています。外観上は、直径1cm未満のいぼ状またはカリフラワー状であり、擦れたりすることで出血することがあります。

この病気が疑われた場合には、治療と検査を兼ねて切除を行います。過去に行われた犬の92頭の研究では、切除後の再発は1例であったとされていますが、10%で体の他の部位に新しい病変の発生がみられたと報告されています。

猫における皮脂腺過形成は、体に一個だけみられることが多いですが、全身に多発する場合もあります。特に頭部での発生が多いと考えられており、雌に比べて雄に発生が多いとされています。

皮脂腺過形成は、皮脂腺腫または皮脂腺癌の周囲にみられることや、組織学的にこれらの腫瘍に移行している状態でみられることから、これらの腫瘍の前駆段階の病変と考えられています。

 

≪皮脂腺上皮腫とは?≫

主に頭部、特に眼瞼(まぶた)でみられることが多く、体に一個だけみられることが多いですが、全身にみられる場合もあります。好発犬種としてシーズー、ラサ・アプソ、マラミュート、シベリアン・ハスキー、アイリッシュ・セターが挙げられています。

外観上では、皮脂腺過形成とほぼ同様で、同じく外科的な切除が治療として選択されます。皮脂腺上皮腫は、脂腺過形成や皮脂腺腫と比べて切除後の再発率は高いですが、それでも6%と他の腫瘍と比べると低いとされています。

 

≪皮脂腺腫と皮脂腺癌とは?≫

腫瘍は一般に良性腫瘍と悪性腫瘍に分類され、皮膚から発生する腫瘍では、良性の場合には「〜腫」、悪性の場合には「〜癌」という表現を用います。

良性腫瘍と悪性腫瘍の違いは、悪性腫瘍は浸潤(癌の細胞が周りの組織に広がっていくこと)や転移(癌細胞が離れた組織中で病変を形成すること)、悪液質(がんに栄養を取られ衰弱する状態)を起こすのに対し、良性腫瘍ではこれらは起こしません。つまり皮脂腺の腫瘍のうち、良性腫瘍であれば脂腺腫、悪性腫瘍であれば皮脂腺癌となります。

皮脂腺腫は比較的発生頻度の低い珍しい腫瘍であり、外観や発生部位および再発率などは皮脂腺過形成と同様であるとされています。皮脂腺癌は、犬と猫ではまれな病気と考えられており、他の癌に比べると転移率や再発率は低いと考えられています。また、周囲に潰瘍形成や炎症がみられる場合があり、これらの場合にはより積極的な外科的切除が必要であるとされています。

 

≪皮脂腺腫瘍の治療の一例≫

約半年前に左大腿部のできものに気が付き、その後徐々に大きくなってきており、これが何か気になるとの事で来院されました。できものは約7mm大のカリフラワー状で、外観上から皮脂腺腫瘍が疑われ、検査と治療を兼ねて、外科的な切除を提案しました。幸い大きさが比較的小さいため、局所麻酔のみで切除しました。

処置後1週間で抜糸を行い、傷も綺麗に塞がっていたので治療終了としました。なお、病理検査の結果は皮脂腺腺腫でしたので、追加の治療は行いませんでした。

▲左大腿部にみられたカリフラワー状のできもの。外観上で、皮脂腺腫瘍を疑う。

 

▲切除後1週間の抜糸時の写真。傷も綺麗にふさがり、毛も生え始めている。

 

≪皮膚腫瘍の検査・治療について≫

皮膚にできた腫瘍で早期発見であり、大きさが小さければ今回のように局所麻酔で切除することが可能です。ただし、顔まわりや手足の先端では、動いてしまったり、痛みが強いため、難しい場合があります。

万が一、切除した腫瘍が悪性腫瘍であった場合には、病理検査結果を踏まえ転移を防ぐために、全身麻酔でできるだけ広い範囲での切除を行うことがあります。

皮膚にできものをみつけた場合、早期に検査を希望されれば、全身麻酔を行わなくても検査ができます。もし、心配な皮膚のできものがあれば、一度診察をさせていただければと思います。